水槽の水換え頻度や効率的なやり方!時短ポンプや便利アイテムも紹介!

   

こんにちは。

これからの季節、アクアリウムはご自宅で涼を感じるのにとても良い趣味ですよね。

熱帯魚や金魚、ウーパールーパーやクラゲまで!環境が整えば家で飼う事も可能です。

 

 

アクアリウムをやる際に必ずといっていい程つきまとうのが、水換えの問題。

水槽が大きくなればなるほど、水換えの苦労も比例して上がっていきます。

私自身、金魚を数年飼育していた経験もあり、水換えは結構大変でした。

水槽のあるリビングとお風呂場を3~4往復し、バケツを2つ両手に持って、たまにバランスを崩してこぼしちゃう…なんて事も。

ただ替えれば良いのではなく、水温や水質調整なんかも必要です。

できることなら楽に、効率的に水槽の水換えをしたいですよね。

そこで今回は、アクアリウム水槽の水換えについて

  • 水槽の水換え頻度や効率的なやり方
  • 時短ポンプや便利アイテムの紹介

をお伝えしていきますね。

是非最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク

アクアリウム初心者向け!水槽の水換え頻度や効率的なやり方

今回は初心者の方向けに、水槽の水換え頻度や効率的なやり方をお伝えしていきます。

基本的なやり方になりますので、参考にされてください。

 

水槽の水換え頻度は?どのくらい換えるの?

一般的には1~2週間に1回、水槽の3分の1の量を替えると良いと言われています。

一般的と言われても、良く分からないですよね。

アクアリウム初心者の方は、まずは30cmや45cm水槽など、比較的小さな水槽で少数の魚を飼うことから始めてほしいです。

30cmの水槽で、グッピーを5匹飼うのと20匹飼うのでは、明らかに後者の方が水が汚れるのが早いです。

魚が食べ残した餌や排泄物など、自然界では循環されていくものが水槽内では残ったままになります。

「フィルター」というろ過装置である程度除去はできますが、それでも「何もしなくて良い」とはなりません。

 

空気が汚染されると人間が体調不良になるのと同じく、魚も水質汚染によって様々な病気になります。

 

水槽の水換えの効率的なやり方

では、30cm水槽を例に水換えの方法を見ていきましょう。

【必要な道具】

バケツ…15リットルくらいのサイズを2つくらい

水換え用ポンプ

ガーゼ・輪ゴム(ポンプに吸い込み防止が付いていない場合)

メラミンスポンジ

使わなくなったプラスチックのポイントカードなど

歯ブラシ(使い古しでも100均のものでも、なんでもOK)

カルキ抜き剤

雑巾・タオル

 

【水換え手順】

①水槽の内側にコケが生えている時はそれを取り除く

専用の道具もありますが、「激落ちくん」などのメラミンスポンジや、使わなくなったプラスチックのポイントカードなどでも綺麗に取れます♪

引用:https://tropica.jp/2017/12/25/post-10452/

また、アクアリウムでは「コケを食べてくれる生き物」もいますので、そちらも別記事でご紹介しますね!

【関連記事】

水槽のコケ取りに最適な生き物達!購入方法や相性など調査!

 

②ろ過装置・ブクブクなどの電源を切る

③ポンプを使って水槽の底の方から水を吸う

水槽の水換え用ポンプがあると便利です。

灯油ポンプに似たような形状をしています。私のオススメは↓のコック付きのものです。

水を吸い過ぎたりした時にも、コックをひねればすぐに止まるので、バケツから溢れたりする危険がないです。

電動式で、コケ取りも一緒にできる「おそうじポンプ」という商品もありますよ。

④水槽の水と同じ温度の新しい水を汲む

飼う魚の種類によっても差はありますが、平均して23~26度くらいの水温になるかと思います。

夏は水道水はぬるく、冬は冷たいので、水槽に着けている水温計を持ってきてバケツの水温を計りながら調整すると良いです。

⑤カルキ抜きを入れる

カルキ抜きとは、その名の通り水道水の塩素(カルキ)を除去してくれる液剤です。

水10リットルに対して本品を2ミリリットルの割合で入れ、よくかき混ぜて完全に溶かしてください。

キャップの上側で計量できるようになっています。

⑥水槽へ静かに少しずつ入れる

これ、結構大事です。

いきなりバケツの全量の水をジャーーーーーー!!といれてしまうと

  • 底砂が舞い上がる
  • 魚がビックリして暴れる
  • 急激な水質の変化で、デリケートな子は最悪ショックで亡くなる

なんて事もあります!

なので、100均などで売られているような手桶とか、小さなお鍋などで少しずつ入れて上げるのが良いです。

「そんなに時間かけていられないよ~」

という方、この後便利グッズもご紹介していきますので、ご安心ください(笑)

 

スポンサーリンク

水槽の水換えの時短ポンプや便利アイテム紹介!

ここまで水換えの基本的な方法をお伝えしてきましたが、どうですか?結構しんどいですよね。

でも、現在様々な便利グッズが出ていますので、上記の手間が少しでも軽減されるかもしれません!

楽をしようと思うと、やはりそれなりに出費がかさみますが、参考までにご覧ください♪

 

蛇口から直接水道水を注げる!コンパクト浄水器(カルキ抜き)

こちらは水道の蛇口と水槽の間に取り付ける浄水器です。

フィルターが2つついていて、そこに水が通るとカルキを除去してくれるそうです。

色んな方のレビューを見ましたが、商品にはホースがついていませんので、別途蛇口~浄水器まで、浄水器~水槽までの長さのホース購入が必要です。

水槽の角に設置して「放置」でOK!コック付きバケツ

プラスチックのバケツですが、下の方にコックがついています。

更に!水槽のフチに置けるように、底に溝が入っているんです!

これは良いですね~。

こんな感じ。出てくる水量はチョロチョロ…からジャーーーーー!!まで調整可能です(笑)

 

遂に水換えまで全自動!簡単水換え水槽

なんとここまで来てしまいました!

あなたがやるのは「水を足す」だけ!増えた分底の方の汚れた水を自動排水してくれる水槽です。

排水が満タンになったらお知らせしてくれるので、排水ポットから水を捨てればOKです。

ただこちらデメリットは容量が小さい事です。

水量が2.1リットルしか入らないので、ベタ1匹・メダカだと3匹までしか飼育できません。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回はアクアリウムの基本、水槽の水換えについて

  • 水槽の水換え頻度や効率的なやり方
  • 時短ポンプや便利アイテムの紹介

以上お伝えしました。

ご質問などあればお気軽にコメントください♪

【関連記事】

水槽のコケ取りに最適な生き物達!購入方法や相性など調査!
クラゲを自宅で飼育する方法は?飼いやすい種類や餌についても調査!

スポンサーリンク

 - 生活