カメ止め盗作疑惑で上映中止になるのか?ワダリョウイチの経歴と現在の仕事は?

      2018/08/22

こんにちは。

2017年11月に放映開始後SNS上で有名になり、今や全国上映となった上田慎一郎監督作品の映画「カメラを止めるな!」

ファンの間では、カメ止めの内容やあらすじのネタバレは徹底的に禁止されています。

それゆえに「ダメと言われたら見たい!」という人がどんどん増えていっているんでしょうね。

そんなカメ止めが今再び話題になっています。

 

それは、カメ止めが「盗作」だと言われだしたんです!

 

カメ止めの内容が、上田慎一郎監督と関わりのある人物が在籍していた劇団の作品に酷似しているというのです。

いったいどういう事なんでしょうね?

今回はカメ止め盗作疑惑について

  • カメ止め盗作疑惑の経緯
  • カメ止め盗作疑惑で上映中止になるのか?
  • ワダリョウイチの経歴と現在の仕事は?

お伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

カメ止め盗作疑惑の経緯

では、さっそくカメ止め盗作疑惑の経緯を見ていきましょう。

カメラを止めるな!

監督・脚本・編集:上田慎一郎

制作:吉田幸之助

企画開発協力:荒木駿、大坪勇太

配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール

 

ストーリー

ゾンビ映画の撮影中に本物のゾンビが襲来する。リアリティーにこだわる監督は撮影を続行しカメラを回し続ける。本気で逃げ惑う俳優陣とスタッフ、そして監督。ありがちな筋立て、いかにも低予算なインディーズ作品。こうして37分の短編映画ができあがった、のだが!?

出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/カメラを止めるな!

この、短編映画作成後の話が「誰も予想しえない」と話題になっていますね。

私自身もまだ見ていないので興味津々です。

 

上田慎一郎監督ご自身もインタビューなどで語っていますが、カメ止めには原案があります。

ワダリュウイチ氏が主宰を務めていた劇団「PEACE」です。

PEACEは2011年~2014年まで活動をしていたパフォーマンス集団。

カメ止めの原案となった舞台「GHOST IN THE BOX!」。

2011年8月18日-8月22日まで上野ストアハウスにて公演され、2013年8月2日ー8月11日に再演もされました。

 

ワダリョウイチ氏は、2018年7月にカメ止めを観に行っており、こんな感想をSNSにあげています。

上田慎一郎監督ともメッセージのやり取りをしたり、良好なように見えましたが、ココに来て突然の訴訟。

なんでこんなことになっちゃったんでしょうね?

 

カメ止め制作→盗作疑惑までの流れ

2013年 舞台「GHOST IN THE BOX!」を上田慎一郎監督が観劇

2014年 劇団PEACE解散

2015年 上田慎一郎監督が「GHOST IN THE BOX!」を基にした映画の制作を、元団員に打診するもうやむやに

2016年 再度映画化の話が進み、上田慎一郎監督自ら脚本を書き替え制作

2017年 カメ止め上映。クレジットに「GHOST IN THE BOX!」脚本家と元団員の名前はあがるも、ワダリョウイチ氏や劇団PEACEの名前はなし

2018年 ワダリョウイチ氏がカメ止め鑑賞→最初は好感触だったが突然「盗作」として訴訟

 

ざっくりまとめるとこんな感じです。

上記はワダリョウイチ氏の証言を基にしているものなので、真偽は定かではありませんが、これが本当だとすると上田慎一郎監督は原作者(著作権者)のワダリョウイチ氏の許可を得ず映画製作を行った…と判断される可能性は高いですね。

 

カメ止め盗作疑惑で上映中止になるのか?

ワダリョウイチ氏が上田慎一郎監督を相手に訴訟を起こしたことで気になるのが、カメ止めはもう見れなくなるの?ってことですよね。

 

私が住んでいる福岡では、8月21時点でキャナルシティ博多にて上映、8月24日以降上映開始予定の劇場が多数あります。

今のところ上映中止の情報は入っておらず、チケットも普通に販売されています。

 

カメ止め キャナル

出典 http://www.unitedcinemas.jp/canalcity/film.php?movie=6894&from=film

 

ちなみに、過去の有名映画作品で同じように訴訟沙汰になったものが、ディズニー映画の「ズートピア」です。

「トータル・リコール」や「マイノリティ・リポート」などで、脚本家兼プロデューサーを務めたゲイリー・ゴールドマン氏がウォルト・ディズニー社を訴えています。

2度にわたって「ズートピア」と題した映画の企画の構想を、同社の副社長らに直接会って提案していた。
最後に提案した2009年の直後に、ディズニー側はタイトルだけでなく、キャラクターやテーマ、セリフなどもそのままコピーしてズートピアを制作した、と訴えている。

出典 https://www.huffingtonpost.jp/2017/03/22/zootopia-slapped-_n_15551834.html

さすが訴訟大国、ウォルト・ディズニー社を訴えるなんて大物ですね…。

※俳優さんに「ゲイリー・オールドマン」氏がいますが、別人です。

 

この訴訟、2017年7月に一度終結を迎えましたが、2018年2月に再び始められています。

ゲイリー・ゴールドマン氏側が判決を不服として再審請求といったところでしょうか。

もちろんズートピアは上映中止などにはならず、最近地上波でも放送されましたよね。

 

ここからは推測ですが、仮に訴訟になったとしても、完全に盗作が立証されて判決が出ない限り、カメ止めも上映中止までにはならないのかなと思います。

疑われた時点で上映中止して、もしその訴えが誤ったものだったら今度は逆に損害賠償請求されますからね…。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ワダリョウイチの経歴と現在の仕事は?

今回上田慎一郎監督を訴えた、ワダリョウイチ氏はどんな方なんでしょう?

経歴と現在のお仕事など調べてみました。

 

名前:和田 亮一(ワダ リョウイチ)

生年月日:1986年5月30日

職業:クリエイター(某広告会社 脚本・演出家)

 

2011年2月~「株式会社ギガトレンド」を設立。ラップスクールなどを立ち上げ。

2012年にはスタジオ・倉庫をオープンし、スタジオ・道具レンタル、人材派遣などを手がけています。

 

ワダリョウイチ氏ですが、先ほどもお伝えしたように最初はカメ止めに対して、非常に好感触のコメントをSNS上に残しているんです。

ご本人が、というよりは弁護士さんに何かしら促されて今回の事態になったんですかねぇ…。

いずれにしろ、この発言の矛盾にTwitterユーザー達がざわついています。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回は話題沸騰のカメ止め盗作疑惑についてお伝えしました。

  • カメ止め盗作疑惑の経緯
  • カメ止め盗作疑惑で上映中止になるのか?
  • ワダリョウイチの経歴と現在の仕事は?

今後の動向に要注目!ですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 - エンタメ